fbpx

無料で先読み 『復讐教室』の入り口

スポンサーリンク
e-books

中学3年生の藤沢彩菜は、クラスでいじめにあっていました。過酷を極め、自死まで考えた先に生まれた「復讐」の計画。自分をいじめたやつ、いじめを見ていたやつら全てに復讐することを決意した彩菜は、一人、また一人、その計画を実行していきます。

誰が黒幕なのかもわからない、陰湿ないじめは果てしなく続いていました。耐え続けていた彩菜でしたが、その限界は近くまで来ていたのです。

 

学校へ行っても、どこにいてもいじめは続きます。また味方は誰もいません。

そしてついに彩菜は決断します。自分を傷つけるすべてに「復讐する」と。

周到に計画を立て、あらゆる手段を使ってターゲットを追い込んでいく彩菜。

 

クラスを全員対象にした「復讐」は、それぞれの弱点を利用して遂行されていきます。あるものは女遊び、あるものはホストクラブ通いなど、人は裏の顔を必ず持っているものですよね。

一人づつ、いじめの黒幕が見えるまで「復讐」は続けられます。

いじめは、人間関係のなかに必ずありますよね。そして誰もが加害者であり被害者にもなります。彩菜のように、追い詰められて反撃に出られるタイプは少ないのかも。だからこそこのストーリーはハマるんですよね。黒幕の存在や、それぞれのポジションの違いが、復讐劇の強さや計画の深さを変えていきます。スピード感もあり引き込まれますよ。

この続きは、無料で立ち読みができるこちらでどうぞ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました