fbpx

無料で先読み 『てんぷる』の入り口

スポンサーリンク
e-books

お寺に出家した青年のストーリー。煩悩を振り払うためには、俗世を捨てて出家するしかないと、思い込んでしまった赤神くんが主人公です。煩悩から逃れようとするたびに、登場してくる女の子のかわいさは特筆ものです。

なぜか道を歩いているところに「米俵」が。この時代に米俵というアイテムもすごいですが、それに偶然ぶち当たってしまう赤神くんの不運さにも笑ってしまいます。

米俵をかかえた美少女に「一目惚れ」してしまいます。これを赤神くんは煩悩のせい、自分の生まれ育った家のせいだと考え、最終手段の「出家」を考えます。

普通はそんな簡単に出家できるとは思えないのですが、この展開はサラリと流しましょう。自分の弱さを鍛え直すためなのです。あるお寺に入ることになります。

しかし、その寺に現れたのは「一目惚れ」したあの米俵の美少女。赤神くんは、気が動転してしまい、彼女に「結婚してください」とご挨拶。まあ、強烈な呪いがかかっている証拠ですね。
とにかくとう登場するキャラクターが可愛いったらありません。そしてちょっとエッチでドキドキする展開も見逃せません。楽しく読んでいける煩悩ギャグストーリーです。

この続きはこちらからお読みいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました